日本国旗 英国国旗  ようこそゲストさん! ログイン

WISTORY

WISTORYはワインを愛する人々のための便利ツールです。

WISTORY 管理人日記の表示

管理人コラム

日記デザイン

新しいモノ好きな関西人

カテゴリー:その他

2018-04-17

写真


今朝もルクアイーレのB2に行ってきました。大盛況です。

関西人は新しいモノ好きで、新しいスポットができたらどっと人々が押し寄せます。対象は何でもアリ。私の祖母なども新しいビルとか乗り物とか、何でも新しいのができたらいち早く行ってましたね。

随分前の事ですが、神戸にホテルオークラが完成した時も、どっと人が押し寄せ、宿泊客以外はエレベーターに乗れませんという立て看板が出て、大いにブーイングだったのです。高級ホテルであろうが、とりあえず観察に行く。コーヒーショップでお茶するとか、ちょっとランチするとか、ちょい利用して雰囲気を見るんですね。

本家が東京のホテルオークラさんは、そういう状況が想定外だったみたいで困惑気味でした。

ルクアイーレは大衆的な場所ですから、もうわんさか人が押し寄せています。平均すると若い女性が多いように見受けられますが、おばちゃんや視察にやってきたスーツ姿の鋭い眼光の男性なども入り混じり、すごいことになっています。

グランフロント大阪が完成して以来、梅田地区の人の流れはかなり北へシフトしました。そのあおりを受けたのが西梅田です。昨夜久しぶりにヒルトンプラザイーストへ行ったら、目的のジュンク堂書店が撤退していたのは悲しかったです。それ以前にも、ヒルトンプラザを中心に、高級ブランド(シャネル等々)が阪急百貨店などに移転し,再テナント誘致が必要になっています。

6月1日には、建て替え中の阪神百貨店が、東半分の完成した部分へ移転し、現在営業中の西側の部分は工事に入ります。そうすれば更に西梅田が悲しいことになりそうです。


日記デザイン

ルクアイーレの新ワイン売り場は成功するか?

カテゴリー:ワインショップ

2018-04-11

写真


JR大阪駅にあるルクアイーレの地下2階に、2018年4月1日、「ルクア フード ホール」がオープンしました。

ルクアイーレは、元々三越伊勢丹としてスタートしたものが、梅田地区で4つめの百貨店では競争に負け、2015年にルクアイーレとして再スタートしていましたが、昨年には再度地下の売り場が閉鎖となり、ようやくフードホールとして(地下1階はユニクロとGU)生まれ変わったわけです。

このコラムを始めた当初に、三越伊勢丹のワイン売り場について書いたことがありました。そこは4つの百貨店の中で最も高級志向のワイン売り場で、有料試飲のコーナーも設けられていました。その後、ルクアイーレになった時に、ワイン売り場の体裁はそのままで、おそらく別の業者が入ったのかと想像しますが、品揃えがうんと大衆的に変わっていました。

今回のフードホールへのリニューアルによって、ワイン売り場はがらりと変わり、周囲とあわせてイタリアンなコンセプトの売り場に生まれ変わったようです。イタリア以外の商品も置いていますが、イタリアものに関しては、地域別の棚まで設けてあります。

さあ今後どうなるか? まだオープンしたてなのではっきりはわかりませんが、見たところフードホールでの物販はかなり厳しそうです。イートインや、売り場で買って、併設されているテーブルで食べるといった利用の仕方は受けているように見受けられました。

あと蛇足ですが、高級ワインを保存してあるセラーに南京錠がかかっているのは、いただけないですね。

時を見て続編を報告したいと思います。


日記デザイン

桜は風景に溶け込んでこそ、ワインは美味しい料理があってこそ

カテゴリー:ワインと料理

2018-04-03

写真


皆さま、お花見に行きましたか? 私は3月28日(水)に家の周辺をドライブ花見して、お弁当を買って花見弁当を楽しみました。

それで感じたのは、桜の木が何十本、何百本と並んでいるのももちろん美しいのですが、やはり周囲の風景に溶け込んでいる姿が最も美しいということです。そのためには、周囲も美しくないとだめなんですよね。

例えば京都などで、寺院や神社の境内に咲く桜は、建築物や庭園の他の緑と調和して美しい。我が家の周辺も、御屋敷の庭に咲く桜が街並に調和していたり、山を背景に咲く桜が美しかったりするのです。

ワインもしかり。現実には日々、家庭の料理を食べながら「今日の料理もワインには合わないわ」と思いながら過ごしています。金曜日に久しぶりに牛タンをデパートで入手し(最近はスーパーなどでタンの塊を売っていません)、タンシチューを7人前作って、従妹の家におすそ分け、私も日曜日にいただきました。タンシチューなら赤ワインとぴったり合います。ただ私も日本人ですから、毎日欧風料理ではカロリーオーバーになってしまうし、もちろん日本料理でも力のある料理ならワインが美味しくいただけるのですが、いかんせん、ほうれん草のおひたしや、高野豆腐の煮物ではイマイチですね。


日記デザイン

初めて出会ったシャンパン男子群

カテゴリー:その他

2018-03-22

写真


常々心の中で「なんで、オジサンたちはああもあか抜けないんだろう?」とつぶやいていたのだが・・・。

昨晩(2018年3月21日・祝)、私は高校時代の親友と飲むために、本当に久しぶりにJR摂津本山駅近くの昼はうどん屋さんという「い蔵」で食べて飲んで、二次会に移行しました。この店は友人曰く何度も行っているという「Zenith」。私たちが到着した時は、正に貸切状態でした。この日は3月下旬というのに真冬並みの寒さと風雨だったので、人出も少ないんだろうと、貸切を満喫しながら、私はスコッチを、友人はビールを飲んでいました。

かなり時間が経ってから、男性たちがぞろぞろと入店してきました。最初は6人くらいかなあと思ったのですが、続くは続くは・・・。結局20名程の大人数でしかも男性ばかり。年齢は20代から30代くらいかなあ? そして誰かが「シャンパンで乾杯しよ!」とご発声。

まあ、カンパイだからなあ・・と思っていたら、彼らはずっとシャンパーニュか、スパークリングワインかわかりませんが、シャンパングラス片手にわいわいと賑やかに談笑し続けたのでありました。

こういう風景を見るのは初めてでした。男ばかりの団体でしかもシャンパーニュとは!! 土地柄ですかね? 帰りがけに店の人に聞いたら「サッカー男子」だそうで、土地柄から見て、甲南でしょうか?

私たち自身は、本日はワイン抜きの飲み会だったんですけどね・・・。


日記デザイン

行動を変えると発見がある

カテゴリー:その他

2018-03-16

写真


ぜんぜんワインのコラムになっていない。それほど最近はワインに対して探求不足なのかも知れない。申し訳ありません。

■ルクア1100の午後

3月14日(水)14:00にiPhoneの電池交換の予約をしていた。使用しているのはiPhone6で、現在の8と見た目は同じ形の一番古いものです。機種変更するかどうか迷った挙句、他に出費がかさむので、スマホは電池交換で乗り切ることにしました。

場所は大阪・梅田のルクア1100の9階。蔦谷書店のフロアです。今までルクア1100に足を踏み入れるチャンスは何度もありましたが、ほとんどが午前中か夕方。それらの時間帯だと、びっくりする程空いていて、三越伊勢丹に続いて1100も失敗に終わるのではと心配していたのです。しかし、14:00という時間に初めて訪問してみると、わりと人が多い。特に蔦谷書店は、というか、そのフロアにあるカフェなどは満員。ちなみに、1100にあるほとんどのカフェがウエイティング有でした。そして客層が若い。

まあ、春休みということもあり、また、14:00などという時間にふらふらできるのは学生や小さい子供の子育て中(育休)の女性。物販については、アクセサリーや雑貨などの売り場に人が多かったように見えました。

■ボブ・ディラン

フジロックにボブ・ディランが出演することが決定したとか。実は私、ビートルズやボブ・ディランに関しては、まだ年齢的に子供過ぎたので、リアルタイムのファンではありません。

今日は車での通勤にしたので、車内でFMを聞きながら運転していました。そうしたら、ボブ・ディランの「風に吹かれて」が流れてきました。多分今まで何回も聞いていると思うのですが、車という閉鎖空間で聞くと、ボブ・ディランってかなり癒し系だったんだということに気づきました。

アコースティックなギター、ディランの話しかけるような歌声、ハーモニカ・・・それらのコンビネーションは実に癒される音です。

そうだったのか? 今までそんなこと感じたことが無かったのに。まあ、当時としては新しさもあったでしょう。そして丁度ベトナム戦争への米国の関与が激しくなったころにヒットしたのが「風に吹かれて」。当時の米国人の若者たちの心の葛藤みたいなものが、フォークソングの流行に影響を与えたらしいですが、何だかやっと彼らの気持ちに共感できたような気がしました。

毎日毎日同じ道を通っていると、あーまたかという感じですが、行動を変えてみると発見があるものですね。

(写真は近所の公園の白モクレンの木です。ここもいつもの道から一歩入りこまないと見られない場所です。)


タイトルINDEX



2018-04-17
新しいモノ好きな関西人


2018-04-11
ルクアイーレの新ワイン売り場は成功するか?


2018-04-03
桜は風景に溶け込んでこそ、ワインは美味しい料理があってこそ


2018-03-22
初めて出会ったシャンパン男子群


2018-03-16
行動を変えると発見がある


2018-03-13
瓶も売れるロマネ・コンティと茅台酒


2018-03-12
飲茶を楽しむ


2018-03-05
昨今流行の「肉バル」


2018-02-09
ピョンチャン冬季五輪開幕&ワイン


2017-09-28
ポルトガルワイン、いいかも。



カテゴリーINDEX



ワインの成り立ち (17)


造り手・ワイナリー (8)


ワインと料理 (12)


ワインの科学 (9)


ワインショップ (21)


ワイン周辺ツール (4)


レストラン/ワインバー (12)


本・テレビ (29)


データ分析 (12)


ワイン以外のお酒 (6)


その他 (62)


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39


利用規約 ご利用のガイドライン プライバシーポリシー

Copyright(C) WISTORY